トップ > 事業内容 > アスリートサポート事業

アスリートサポート事業

Athlete Support

最高のパフォーマンスを発揮できるよう、最適化した環境を提供し、所属選手をサポートしています。

所属アスリートの価値を高めるブランディングをはじめ、選手が競技に集中し、一人のアスリートとして最高のパフォーマンスを発揮できる環境づくりを行っています。選手と共にスポーツ用品などの共同開発や、イベントなどファンコミュニティを活用したマーケティング、次世代の選手を育成するスクール事業など、アスリートをハブとした多角的な事業を展開しています。

スポンサーと共に企画運営を行うなど、国内におけるアスリートのイベント活動をプロデュースし、ファンコミュニティの場を積極的に作っています。

アスリートの活動支援
アスリートが不安なく競技に集中できるよう、スポンサー様との関係構築、交渉の全般を請け負います。また、アスリートの価値を最大限に高めることを目的としたブランディングを行い、マスメディアへの出演や公式ホームページ・SNSを含めたPR活動もマネジメントしています。さらに、スポンサーとの新規イベント企画なども積極的行っています。

アスリートの活動支援
商品開発
ファンコミュニティ

卓球アスリート

アスリート / 吉村 真晴

生年月日:1993年8月3日
出  身:茨城県
身  長:177cm
血液型 :AB型

幼少期より元卓球選手である父親の影響を受け卓球に慣れ親しむ。
厳しい訓練により鍛え上げられた結果、2011年の高校3年時ジャパントップ12卓球大出場し、準優勝を果たす。
翌年2012年1月開催 全日本卓球選手権大会にて前年度開催ジャパントップ12決勝で敗れた水谷隼とのリベンジ戦では接戦を制し、高校生2人目の快挙となる全日本王者に輝いた。
同年4月 卓球の名門である愛知工業大学へ進学以降日本代表選手に選出。
2015年 スペインオープンにて初のプロツアー大会優勝を果たす。
2016年 リオ・デ・ジャネイロオリンピック出場 男子団体 銀メダルを獲得
2017年 世界選手権 混合ダブルス 優勝

アスリート / 戸上 隼輔

生年月日:2001年8月24日
出  身:三重県津市
身  長:171㎝
血液型 :A型

卓球選手である父親、卓球を始めていた兄という卓球が身近にある環境で卓球を始める。
高校は強豪校である山口県野田学園に進学初出場のインターハイで準優勝、その後国内外の大会で好成績を収め2018年、2019年 インターハイでは2年連続シングルス優勝し二連覇となる。

アスリート / 出澤 杏佳

生年月日:2002年6月28日
出  身:茨城県水戸市
身  長::163㎝

右シェーク表粒の異質攻守型で、バックハンドでの変化を活かしたブロックとプッシュ、フォアハンドでの隙を狙ったスマッシュが特徴です。
2019年 全日本卓球選手権 ジュニア優勝
2019年 アジアジュニア選手権 シングルス準優勝 ダブルス3位
2019年 世界ジュニア卓球選手権代表 団体銀メダル

トライアスロンアスリート

アスリート / 久保埜 一輝

生年月日:1990年10月31日
出  身:北海道千歳市
身  長:166㎝
血液型 :B型

プロトライアスリートの父親の影響で6歳からトライアスロンを始める。
小学生・中学生と全国大会で優勝するものの、その後、伸び悩み3年間トライアスロンから離れる。
アイアンマンジャパン開催をきっかけに、トライアスロンを再開し、現在は3種目ともインドアで練習するスタイルでトライアスロンに挑戦中。
2017年 ハスカップトライアスロン総合優勝 佐渡国際トライアスロンA 総合優勝
2018年 佐渡国際トライアスロンB 総合優勝
2019年 アイアンマンケアンズ アジア太平洋選手権 優勝
佐渡国際トライアスロンB 総合優勝
アイアンマンハワイ 世界選手権 日本人1位 22位